「人違いでした」と言いたい時「someone else」

友人だと思って声をかけたら、違う人でした・・・

I thought you were someone else.
(人違いでした)

※「else」は「別の」、「someone」は「誰か」、「someone else」で「別の誰か」。

<応用>
Anything else?
カフェでウェイターが(他に何かございませんか?)

Anyone else?
(他の誰かいませんか?)

Let’s talk about something else.
話題を変える時に(別のことについて話しましょう。)

I thought you were coming next weekend.
(あなたは来週末に来ると思っていたの。)

I thought you knew.
(あなたは知っていると思っていたの。)

<管理人のひとこと>
「人違いでした」を英語で言えるとかっこいいですね。
「I thought you were someone else.」と言いたいがために、わざと違う人に声をかけてしまいそうです(笑)。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中