「〜後に」と言いたい時「in 〜」

フルーツや野菜で彫刻を作るカービングをやっている最中に、先生が次の材料を取りに行くために立ち上がろうとしました。立ち上がる前にひとこと言います。

I’ll be back in two minutes.
(2分で戻りますね)

<応用>
We’re leaving in ten minutes.
(あと10分で出発するからね)
※現在進行形を使っているので「出発する」という臨場感が出ている

I’ll be there in about 20 minutes.
(20分くらいで着くから)
※「be there」で「そこに着く」という意味。「about」で到着する時間に幅をもたせている。

I’ll get your dinner ready in an hour.
(1時間で夕食の支度ができるわ)
※「get 〜 ready」で「準備を完了させる」という意味。

<管理人のひとこと>
未来の時間については「in」なんですね。
「in」というと空間を表すイメージがありましたが、時間でも使えるんですね〜。
このページに詳しい解説がありました。
前置詞「in」の持つ時間軸という空間

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中