「〜だったので、〜できなかった」と言いたい時「so 〜 that 〜」

ゾウの保護センターまでの2時間半、車の中で爆睡してしまいました。到着してから運転手にひとこと。

I was so excited that I coudn’t sleep last night.
(興奮しすぎて昨日、眠れなかったの)

※「so」と「that」で2つの文を1つにつなげる。「very」じゃなくて「so」を使う。いわゆる「so 〜 that構文」

<応用>
I was so busy that I couldn’t sleep.
(忙しかったので眠れなかった)

I was so busy that I forgot.
(とても忙しくて忘れちゃったの)

I was too excited to speak at first.
(最初は興奮しすぎて話せませんでした)

<管理人のひとこと>
今日みたいなフレーズは僕にとってはちょっと難しいですね。。なんか、学校のテストみたいな感じがしますし。会話文の途中に「that」が入るだけでちょっと混乱しますね。
「too 〜 to 〜」構文もなぜ意味が否定になるのか、今でもちょっと混乱しますね。
でも、個人的には「I was so busy that I forgot.」は使えるなと思ってしまいましたが^^;

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中