「〜からできている(原材料)」と言いたい時「made from」

タイで友達と日本食屋へ。納豆や豆腐の原材料を説明しようとして・・・

They’re all made from soybeans.
(全部、大豆からできている)

※「be made from」は見た目で何からできているか分からない時に使える

<応用>
What are they made from?
(何でできているの?)
※原材料を尋ねる時に定番表現。

It is made of nylon.
(ナイロン製だよ)
※服の生地など原材料がそのままの状態で使われている場合には「made of」を使う。

<管理人のひとこと>
原材料が何からできているか分からない時が「made from」で、分かる時が「made of」なんですね。
なんだか、ややこしいですね〜。。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

w

%s と連携中