「大変なんです」と伝えたい時「problem」

水道が壊れて水が止まらなくなってしまい、水道屋さんに電話して「大変なんです」と伝えたい時に・・・

I have a big problem.
(大変なんです)

<応用>
I have a big problem. I lost my wallet.
(大変なんです。財布をなくしてしまいました。)

I have a big problem. I’m in love with my best friend’s boyfriend.
(大変・・・親友のカレを好きになっちゃった・・・)

I have a bit of a problem.
(ちょっと困った問題があるんだ。)
※「a bit of a problem」で「ちょっとした問題」という意味

It wasn’t urgent.
(急ぎではなかった)
※「urgent」は「緊急の/差し迫った」という意味。

<管理人のひとこと>
海外では日本で想像できないトラブルに襲われることがあります。
そんな時は、まず「大変なことが起きた!」と伝えることが重要です。
英語では結論を最初にもってくるというのは、よく言われることですね。
最初に「I have a big problem.」と言えば、相手でも真剣に話を聞いてくれるでしょうからね。

<オススメの本>
英語リーディング教本―基本からわかる
英語リーディング教本―基本からわかる
Amazonのベストセラーで「英文法・語法」で4位、「英文読解」で3位の本です。
TOEIC、TOEFL、英検、大学入試を控えている人で文法を1から学び直したい人にオススメの本です。

広告
カテゴリー: Uncategorized パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中